OCマガジン

季節を感じるコーヒー&京焼・清水焼カップ


季節を感じるコーヒー&京焼・清水焼カップ

|京都の伝統をつなぐ京焼・清水焼 陶あん×京都の珈琲職人 小川珈琲

ひとつひとつ職人の手によって描かれる花々、京焼・清水焼の魅力で繊細で優雅な絵柄。季節によって変化すると言われる味覚に合わせ、小川珈琲が考える”四季の味わい”を華やかなパッケージとともにお届けします。

→購入はこちら
季節を感じるカップ

|季節をストーリーとともに感じるパッケージ|

日本の豊かな四季を愛でる、心なごむ四季折々の華やかな絵柄をパッケージに描きました。より季節感を感じられるように「天気×植物」で表現。澄んだ空気や雨上がりの匂いなど、見た人にストーリーを感じさせるデザインです。

<春珈琲ドリップコーヒー 9杯分>
デザイン:晴れ渡った空×桜
春の澄んだ空気と、これから始まる新しいことに想いを馳せてワクワクする気持ちになっていただきたいと思って描きました。(デザイナー:清水英理奈)

味わいコメント:ブラジルのやわらかい香りとやさしい甘さを活かして、かろやかな風味に仕上げました。

春珈琲


|京焼・清水焼窯元陶あん(とうあん)|

京焼・清水焼窯元陶あん(とうあん)は大正11年創業、京都の東山泉湧寺で創業しました。
カップに描かれた柄は色彩豊かな彩釉を使用し、熟練の職人が一つひとつ手仕事で絵付けを行っています。ぼやかしやグラデーション、濃淡といった筆遣いならではの表現と、色を重ねて何度も焼くことで絵画のような奥行きや立体感が生まれます。


|京都の珈琲職人 小川珈琲|

小川珈琲は、伝統と進取の気風が息づく京都で、昭和27年から珈琲づくりをはじめました。 以来、長い歳月をかけて醸成された京都の美意識と感性に支えられながら、京都の珈琲職人としての誇りをもってその審美眼と腕を磨き、 世界に通じる「本物」の味わいをたえず追求してきました。 ぜひ京都・清水焼のカップと共に京都を感じ、特別な時間をお過ごしください。
→購入はこちら

 

一覧へ戻る

OTHER MAGAZINE

  • 3月はGrounds for Health月間

    3月はGrounds for Health月間

    カフェインレスコーヒーで生産国の女性を応援する「みんなで味わうやさしい時間」 小川珈琲は、常に味わい深いコーヒーをお届けするために、原材料であるコーヒー豆の品質を重視しています。そのためには良質なコーヒー豆が必要不可欠です。しかしながら、コーヒー豆の作り手である生産国は、経済格差をはじめとする様々な問題を抱えています。世界では約1億2,500万の人々がコーヒー生産に関わっており、さらにその7割は女性です。そうした現状を踏まえ、生産者の生活を守り、安定したコーヒーの生産に貢献したいという思いから、小川珈琲では生産国の支援活動にも力を入れています。 そのひとつが、アメリカの非営利団体「Grounds for Health」(グラウンズ フォー ヘルス)への支援です。グラウンズ フォー ヘルスとは、主にエチオピアとケニアで、現地医療機関スタッフが中心となり、コーヒー生産国の女性の健康促進、特に子宮頸がんの早期発見・治療を目的とした活動を行っている団体です。具体的にはコーヒー生産国で子宮頸がん検診キャンペーンを実施しているほか、現地スタッフへの知識譲渡やトレーニングを通じて、現地の医療従事者が自ら活動を続けられるよう教育にも力を入れています。  小川珈琲は、この活動に賛同し、2009年より支援を開始。カフェインレスコーヒーをはじめとする対象商品の売上の一部をGrounds for Healthの支援活動に寄付していきます。 小川珈琲が販売するGrounds for Health寄付対象商品 小川珈琲店 有機珈琲 カフェインレスモカ 有機珈琲カフェインレスモカ ドリップコーヒー6杯分   小川珈琲店 カフェインレスブレンド KAORI オーガニックコーヒー KAORIコーヒー 一杯のコーヒーからできること【 京都 小川珈琲 SDGs 宣言】 私たちは、お客様においしいコーヒーを提供し続けるという使命のため、SDGs(Sustainable Development...

    3月はGrounds for Health月間

    カフェインレスコーヒーで生産国の女性を応援する「みんなで味わうやさしい時間」 小川珈琲は、常

  • 季節を感じるコーヒー&京焼・清水焼カップ

    季節を感じるコーヒー&京焼・清水焼カップ

    |京都の伝統をつなぐ京焼・清水焼 陶あん×京都の珈琲職人 小川珈琲| ひとつひとつ職人の手によって描かれる花々、京焼・清水焼の魅力で繊細で優雅な絵柄。季節によって変化すると言われる味覚に合わせ、小川珈琲が考える”四季の味わい”を華やかなパッケージとともにお届けします。 →購入はこちら |季節をストーリーとともに感じるパッケージ| 日本の豊かな四季を愛でる、心なごむ四季折々の華やかな絵柄をパッケージに描きました。より季節感を感じられるように「天気×植物」で表現。澄んだ空気や雨上がりの匂いなど、見た人にストーリーを感じさせるデザインです。 <春珈琲ドリップコーヒー 9杯分> デザイン:晴れ渡った空×桜 春の澄んだ空気と、これから始まる新しいことに想いを馳せてワクワクする気持ちになっていただきたいと思って描きました。(デザイナー:清水英理奈) 味わいコメント:ブラジルのやわらかい香りとやさしい甘さを活かして、かろやかな風味に仕上げました。 |京焼・清水焼窯元陶あん(とうあん)| 京焼・清水焼窯元陶あん(とうあん)は大正11年創業、京都の東山泉湧寺で創業しました。カップに描かれた柄は色彩豊かな彩釉を使用し、熟練の職人が一つひとつ手仕事で絵付けを行っています。ぼやかしやグラデーション、濃淡といった筆遣いならではの表現と、色を重ねて何度も焼くことで絵画のような奥行きや立体感が生まれます。 |京都の珈琲職人 小川珈琲| 小川珈琲は、伝統と進取の気風が息づく京都で、昭和27年から珈琲づくりをはじめました。 以来、長い歳月をかけて醸成された京都の美意識と感性に支えられながら、京都の珈琲職人としての誇りをもってその審美眼と腕を磨き、 世界に通じる「本物」の味わいをたえず追求してきました。 ぜひ京都・清水焼のカップと共に京都を感じ、特別な時間をお過ごしください。 →購入はこちら  

    季節を感じるコーヒー&京焼・清水焼カップ

    |京都の伝統をつなぐ京焼・清水焼 陶あん×京都の珈琲職人 小川珈琲| ひとつひとつ職人の手に

  • 12月8日は有機農業の日

    12月8日は有機農業の日

    小川珈琲は“一杯のコーヒーからできること”として、おいしいコーヒーの未来のために地球の自然環境を守る活動や、持続可能な社会を保つ活動にも目を向けております。 有機農業の日とは~農業の未来は、私たちのミライ。~ 有機農業推進法の成立・施行から10 周年を記念して、2016 年12 月8 日を記念日「有機農業の日」と制定。みんなが農業の未来について考え、アクションをおこす節目の1 日にしてほしいという考えに賛同し、小川珈琲では2018 年より「有機農業の日」を発信するイベントを開催しています。「有機農業の日」は有機農業をはじめ、身近にある「オーガニック」なモノ・コトに触れる、おいしくて楽しい記念日です。*詳しくは、「有機農業の日」サイトをご覧ください。URL:http :://organic day com/   環境にやさしい、小川珈琲の有機コーヒー 小川珈琲はいつまでも美味しいコーヒーを皆様にお届けし続けるために、素材の吟味はもちろん、持続可能なコーヒーの栽培環境づくりにも取り組んでいます。そのひとつに「有機JAS 認証コーヒー」があります。これは、農薬や化学肥料、遺伝子組換えなどに頼らず、自然の力を精一杯活かして育てられたコーヒーです。土壌など環境への負担を軽減し、農園で働く生産者にもやさしいのが特徴です。小川珈琲は、有機コーヒーの普及と認知拡大に積極的に取り組んでいます。当社が取り扱う有機JAS 認証コーヒーは、国内小売市場に多く流通しており、小川珈琲 直営店でも「オーガニックハウスブレンド」をはじめ、多数の有機コーヒーを提供しています。 有機栽培コーヒー 関連商品はこちら→ ◆一杯のコーヒーからできること【 京都 小川珈琲 SDGs 宣言】私たちは、お客様においしいコーヒーを提供し続けるという使命のため、SDGsSDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)に賛同し、「 一杯のコーヒーからできること」 として様々な取り組みを行っています。詳しくは【 京都...

    12月8日は有機農業の日

    小川珈琲は“一杯のコーヒーからできること”として、おいしいコーヒーの未来のために地球の自然環